運転に必要な準備について

車査定書についての説明

テクスチャー16

 

安全に自動車を走らせるために大切なことは様々ありますが、心の準備をすることも重要な事の一つです。
例えば、なんらかの理由から心に余裕がない状態で車に乗ってしまうと、スピードを出し過ぎてしまったり、信号を無視してしまうなど、大きな事故を引き起こしかねない行動を取ってしまいがちです。
これは運転をするための心の状態になっていないということに他なりません。
自動車は一つ扱いを間違えば人を傷つける凶器となってしまいます。
そうならないためにも、これから自動車に乗るのだという心構えを作っていくことが大切なのです。
シートベルトやシート、ミラーの調整などをしながら、自分を落ち着かせるということを乗車前に心がけるとよいでしょう。
また出発の前には、一度走行経路を確認することも大切です。
目的地までの道のりはもちろんですが、その日の天候や状況に応じて自動車の走らせ方をイメージするのです。
どういうことかというと、例えば、雨の日は視界が悪く道路も滑りやすくなるので、スピードを出さないようにして、車間距離をいつもより取ろうと考えたりすることです。
走行経路の確認と一緒にこうしたイメージをしておくことで事故の予防に繋がっていくのです。