‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

交通公害の防止を図る

2014/07/22

道路は多くの車が通行しており、交通規制や法律が敷かれている中を走っています。そこで昔から問題になっているのが交通公害です。これは車が通行する時の音やクラクションの音などによって周辺の住民へ迷惑がかかるということです。さらには排気ガスによって、肺が弱い人は肺炎になってしまったり間接的な被害が出ています。これらの防止を計る為に、周辺に民家がある場合には速度制限や騒音防止の対策がとられています。例えばスピードが速い有料区間の周りに巨大な囲いをして音が外に漏れないように工夫しています。また、標識で騒音防止を示唆する内容の物があります。それはスピードの制限や急発進や急ブレーキの禁止の標識です。スピードが上がれば上がるほどに騒音は大きくなります。つまり一般道よりも有料区間の方が騒音が大きくなります。しかも、深夜であっても仕事柄車の運転を強いられる人達がひっきりなしに通ります。そうなれば騒音によって夜も眠れなくなります。そういった事態を避ける為に有料区間であっても民家が集中する区間を通過する時にはスピード制限が設けられています。この様に地域住民の理解と運転手の理解の両方があってこそ交通が成り立ちます。

道路における交通の円滑

2014/07/22

道路交通法という法律が定められている意味は明白です。もし道路に信号機や横断歩道が設置されていなかったらどうなるか明白です。あちらこちらで対人事故や物損事故が起こることになります。この法律が定められている理由は道路を通行を円滑に行うためです。信号機や標識に従って運転する事によって、円滑な通行が可能になります。それと同時に事故を防ぐことにも繋がります。これは標識に従って通行するだけではなく、どちらが優先かというところまで定められています。どういった状況で歩行者との距離がどのぐらいであれば、どういった行動を取るべきかというところまで細かく設定されているからこそ事故が起こりにくいのです。これらは公共の道路を通行する為の法律を示しているだけであって、実際は運転手や歩行者のモラルや思いやりの心が重要になってきます。加害者でも被害者でもどちらのモラルが欠如していたり、思いやりの心が無ければトラブルに繋がります。そのトラブルによって人生が狂ってしまった人も大勢います。お互いに危害を加えずに安全に道路を利用するためにも精神面のケアは最重要になってきます。自分でモラルが欠如していると感じている人は車の運転の際には気を付ける事が大切です。

道路における交通の安全

2014/07/22

道路を車で走る時には安全な運転をして、交通に関して十分に気を付ける義務があります。これはお互いに気を付けておく事によってお互いに安全に走る事が出来ます。どちらかが横着をして横入りしてきたり、前の車との車間距離を詰めて威嚇するような事をすれば大きなトラブルに繋がる事になります。運転技術よりも精神面において冷静でいる事が大切です。冷静さを欠く事によって普段であれば起こるはずのないトラブルに巻き込まれる事になります。そして右折する時には直進車が優先であることを頭に置いておいて、曲がるのに時間がかかってもイライラせずに直進車が途絶えるのを気長に待つ事が大切です。ここで横着をする事によってトラブルが起こります。これは歩行者をも巻き込むトラブルに発展する可能性もあり、一瞬の油断や横着が大きなトラブルになる場合もあります。道路は公共の物であり、お互いに譲り合いの精神で走る事が大切です。そして道路は信号機によって統治されているので、表示や信号機には従わなければなりません。従わずに走る事も出来ますが、それをしたときの代償はあまりにも大きく悲惨です。そして危険が及んだときには臨機応変に回避する事が大切です。

道路における危険防止

2014/07/22

車に乗っていても自転車に乗っていても歩いていても、外に一歩出れば危険と隣り合わせです。自分が普通に歩いていても車が突っ込んでくるかもしれませんし、車を安全に運転していても急に人が飛び出してくる可能性もあります。危険防止の為に行う事は多くあります。まず歩道を歩いていても必ず全方向に意識を飛ばしておくことです。意識しておくことで気づける事は多くあります。例えば横断歩道を渡る時に青であっても車が曲がってくる事を想定しておけば、いざという時にとっさの判断で避ける事が可能になります。実際のその時の体勢がどうであれ、気持ち的に構えておけば致命傷を避けられるということは多くあります。そして車を運転していると自転車が車道に出てくる場合があります。それは歩道から急に出てくる場合もあり、歩道に自転車が走っている場合にはそういった事も想定しておく事が大切です。そうしておけば実際に飛び出して来た時に避ける事が出来ます。注意すべきことは避けた事によって対向車とぶつからないようにすることです。避けた後の事まで考えておいてこそ危険回避に繋がる思考です。人は急に思わぬ行動をとる事が多いので、お互いにその可能性があることを考えておきます。

道路交通法の目的について

2014/07/22

日本は世界でも有数の自動車大国です。しかし外国と比べて自動車が多くても交通ルールというのはかなり守られている方ではないでしょうか。日本人の個性という部分もあるかもしれませんが、道路交通法という法律があることによって秩序のある交通ができているのは間違いありません。
その目的は一つは、交通事故などの危険な状態にならないようにするためです。ルールを守ることによって危ない目にあうことを防止してくれています。
また交通渋滞などが起こらないように、うまく交通の流れを作るための法律です。
この法律は安全と効率性を追求しているので、バランス力が重要になってきます。
安全ばかりに重点をおけば、世の中はきっと渋滞ばかりが起き目的地に着くまで大変になってしまうでしょう。
逆に効率ばかり求めてしまえば交通事故などのリスクが高くなってしまいます。
世の中の状況によっても法律は改正されていきます。
法改正によって不便になったと感じることがあるかもしれませんが、国民の安全と利益を守るための法律です。
国民みんながルールをちゃんと守って生活していれば、交通事故などを減らすことができるでしょう。
自動車や自転車など法改正されることも多いので気をつけましょう。

シートを調節して運転姿勢を正しく!

2014/07/22

安全運転をするのに大切な事としては、どんなことがあるでしょうか。
まずはどんな姿勢で運転しているかを考えてみるようにしましょう。
もしかすると、きちんと座らずに運転しているということはないでしょうか。
例えば、おしりをしっかりと背もたれ部分につけずに浅く腰掛けた状態で運転をしているとなると、姿勢がとても悪い状態になります。
そういった姿勢で運転をしてしまうと、前がよく見えない状態になりますので、とても危険です。
ですので、きちんとした運転姿勢を保って運転をするようにしましょう。
シートに腰を掛ける時には、しっかりと深く腰を掛けるようにします。
そうすることによって、前もしっかり見えるようになりますし、疲れにくくなるのです。
そこで、シートを自分の足の長さに合うように調節をしておくようにしましょう。
その時にハンドルを握った時にどうなっているかも確認しておかなくてはなりません。
ハンドルを握った時にあまりにも遠いようであったり、近すぎるようでは運転がしづらくなってしまいます。
ですので、運転がしやすい位置にくるように調整をする必要があるのです。
正しい姿勢で運転することは、安全運転への第一歩ですので、気を付けるようにしましょう。

シートベルトをしていればドアが開いても車外に放り出されない

2014/07/22

交通事故は非常に恐ろしい事です。このような事はみなさんもご存知の事でしょうが、もしかしたら自分にはあまり縁の無い話のように思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今まで何十年も長く運転されている方で、一度も交通事故に遭われたことのないドライバーさんもいらっしゃることでしょう。しかし、それは明日の事を保障している訳ではありません。もしかしたら明日には交通事故に巻き込まれてしまうかも知れない、そのような可能性は誰しも持っている事となります。車のハンドルを握る際には、今まで大丈夫だったからというような過信は絶対に禁物となります。常に交通事故を起こさない、交通事故に巻き込まれないように心がけながら運転をしていかなければなりません。
その基本的な考えとなる事は、シートベルトの着用となります。このような事をしなければならないことはルールとしても決められていますし、またみなさんも大切な事であることはご承知の事でしょう。しかし現実には着用されていなかった為に、衝突の際にドライバー自身、或いは同乗者が車外放出されて死亡するケースがあります。
このような車からの投げ出し事故を防ぐためにもシートベルトの着用を確実に行って下さい。

最近の新型車両はボディーが軽量化されている

2014/07/22

最近の車は昔に比べて潰れやすい、そんな話を聞いたことはないでしょうか。最近の車は燃費向上のために、ボディーの軽量化が進んでいます。
しかし、軽量化が進むという事は燃費が向上してもその分脆くなるのでは?と考える方も多いでしょう。実際、事故現場などでフロントがぐしゃりと潰れた車を見たことがある方もいらっしゃると思います。
クラッシュ性能という言葉を聞いたことはないでしょうか。潰れやすい、ということは壊れ潰れることによってそこがクッションとなり、衝撃が吸収されるという事です。それをクラッシュ性能と言い、衝突の際などにフロントなどをあえて潰れやすくすることで被害対象へのダメージを減らしているのです。その分、車体フレームなど命に関わる部分の強度は上がっています。エアバッグなどの衝撃吸収装置も性能が上がってきました。
しかし、どんなにダメージを吸収してもシートベルトをしていなければ意味がありません。事故の瞬間はどんなに力を入れたとしても、体が投げ出される、車外に飛び出すなど思った以上の負荷がかかるのです。特にエアバッグは、シートベルトをしていないと本体射出のショックでさらに重篤な怪我をしてしまう恐れもあります。
事故を最小被害に食い止めるためにも、きちんと正しくシートベルトを着用しましょう。

シートベルトの着用について

2014/07/22

日頃から車を頻繁に運転されている方がみなさんの中にも多くいらっしゃる事が想像できます。みなさんの方でも毎日のように安全運転を心がけた上でハンドルを握っていらっしゃいますか。今まで気をつけていた方も、ぜひともそのような心がけをこれからも継続して行い、交通事故に遭わないような運転、そして交通事故を引き起こさないような運転を継続していただきたいものです。
何故交通事故が起こってしまうのかという事を考えた時には、色々な可能性が考えられる事でしょう。交通事故にも様々な形態があり、何が原因によってその事故が引き起こされてしまったのか、その原因となるものは多岐にわたる事となります。中にはどうしようもないような状況になることもあったりします。いくらドライバー自身が気をつけていたにしましても、相手からぶつかってくる事もあります。だからと言って、ドライバーが注意を怠ってはいけません。どのような時にも、自分でできる事は確実にしていくことが大切です。
ドライバーが気をつけられる事としましては、シートベルトを着用するという基本的な事が考えられます。衝突時にドライバーを守ってくれる物ですが、ただ帯がねじれていますと体に食い込みやすくなります。装着の際には必ずねじれをとった上で装着するよう、心がけて下さい。