道路交通法の目的について

日本は世界でも有数の自動車大国です。しかし外国と比べて自動車が多くても交通ルールというのはかなり守られている方ではないでしょうか。日本人の個性という部分もあるかもしれませんが、道路交通法という法律があることによって秩序のある交通ができているのは間違いありません。
その目的は一つは、交通事故などの危険な状態にならないようにするためです。ルールを守ることによって危ない目にあうことを防止してくれています。
また交通渋滞などが起こらないように、うまく交通の流れを作るための法律です。
この法律は安全と効率性を追求しているので、バランス力が重要になってきます。
安全ばかりに重点をおけば、世の中はきっと渋滞ばかりが起き目的地に着くまで大変になってしまうでしょう。
逆に効率ばかり求めてしまえば交通事故などのリスクが高くなってしまいます。
世の中の状況によっても法律は改正されていきます。
法改正によって不便になったと感じることがあるかもしれませんが、国民の安全と利益を守るための法律です。
国民みんながルールをちゃんと守って生活していれば、交通事故などを減らすことができるでしょう。
自動車や自転車など法改正されることも多いので気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。