道路における危険防止

車に乗っていても自転車に乗っていても歩いていても、外に一歩出れば危険と隣り合わせです。自分が普通に歩いていても車が突っ込んでくるかもしれませんし、車を安全に運転していても急に人が飛び出してくる可能性もあります。危険防止の為に行う事は多くあります。まず歩道を歩いていても必ず全方向に意識を飛ばしておくことです。意識しておくことで気づける事は多くあります。例えば横断歩道を渡る時に青であっても車が曲がってくる事を想定しておけば、いざという時にとっさの判断で避ける事が可能になります。実際のその時の体勢がどうであれ、気持ち的に構えておけば致命傷を避けられるということは多くあります。そして車を運転していると自転車が車道に出てくる場合があります。それは歩道から急に出てくる場合もあり、歩道に自転車が走っている場合にはそういった事も想定しておく事が大切です。そうしておけば実際に飛び出して来た時に避ける事が出来ます。注意すべきことは避けた事によって対向車とぶつからないようにすることです。避けた後の事まで考えておいてこそ危険回避に繋がる思考です。人は急に思わぬ行動をとる事が多いので、お互いにその可能性があることを考えておきます。

コメントは受け付けていません。