道路における交通の安全

道路を車で走る時には安全な運転をして、交通に関して十分に気を付ける義務があります。これはお互いに気を付けておく事によってお互いに安全に走る事が出来ます。どちらかが横着をして横入りしてきたり、前の車との車間距離を詰めて威嚇するような事をすれば大きなトラブルに繋がる事になります。運転技術よりも精神面において冷静でいる事が大切です。冷静さを欠く事によって普段であれば起こるはずのないトラブルに巻き込まれる事になります。そして右折する時には直進車が優先であることを頭に置いておいて、曲がるのに時間がかかってもイライラせずに直進車が途絶えるのを気長に待つ事が大切です。ここで横着をする事によってトラブルが起こります。これは歩行者をも巻き込むトラブルに発展する可能性もあり、一瞬の油断や横着が大きなトラブルになる場合もあります。道路は公共の物であり、お互いに譲り合いの精神で走る事が大切です。そして道路は信号機によって統治されているので、表示や信号機には従わなければなりません。従わずに走る事も出来ますが、それをしたときの代償はあまりにも大きく悲惨です。そして危険が及んだときには臨機応変に回避する事が大切です。

コメントは受け付けていません。