道路における交通の円滑

道路交通法という法律が定められている意味は明白です。もし道路に信号機や横断歩道が設置されていなかったらどうなるか明白です。あちらこちらで対人事故や物損事故が起こることになります。この法律が定められている理由は道路を通行を円滑に行うためです。信号機や標識に従って運転する事によって、円滑な通行が可能になります。それと同時に事故を防ぐことにも繋がります。これは標識に従って通行するだけではなく、どちらが優先かというところまで定められています。どういった状況で歩行者との距離がどのぐらいであれば、どういった行動を取るべきかというところまで細かく設定されているからこそ事故が起こりにくいのです。これらは公共の道路を通行する為の法律を示しているだけであって、実際は運転手や歩行者のモラルや思いやりの心が重要になってきます。加害者でも被害者でもどちらのモラルが欠如していたり、思いやりの心が無ければトラブルに繋がります。そのトラブルによって人生が狂ってしまった人も大勢います。お互いに危害を加えずに安全に道路を利用するためにも精神面のケアは最重要になってきます。自分でモラルが欠如していると感じている人は車の運転の際には気を付ける事が大切です。

コメントは受け付けていません。