交通公害の防止を図る

道路は多くの車が通行しており、交通規制や法律が敷かれている中を走っています。そこで昔から問題になっているのが交通公害です。これは車が通行する時の音やクラクションの音などによって周辺の住民へ迷惑がかかるということです。さらには排気ガスによって、肺が弱い人は肺炎になってしまったり間接的な被害が出ています。これらの防止を計る為に、周辺に民家がある場合には速度制限や騒音防止の対策がとられています。例えばスピードが速い有料区間の周りに巨大な囲いをして音が外に漏れないように工夫しています。また、標識で騒音防止を示唆する内容の物があります。それはスピードの制限や急発進や急ブレーキの禁止の標識です。スピードが上がれば上がるほどに騒音は大きくなります。つまり一般道よりも有料区間の方が騒音が大きくなります。しかも、深夜であっても仕事柄車の運転を強いられる人達がひっきりなしに通ります。そうなれば騒音によって夜も眠れなくなります。そういった事態を避ける為に有料区間であっても民家が集中する区間を通過する時にはスピード制限が設けられています。この様に地域住民の理解と運転手の理解の両方があってこそ交通が成り立ちます。

コメントは受け付けていません。