最近の新型車両はボディーが軽量化されている

最近の車は昔に比べて潰れやすい、そんな話を聞いたことはないでしょうか。最近の車は燃費向上のために、ボディーの軽量化が進んでいます。
しかし、軽量化が進むという事は燃費が向上してもその分脆くなるのでは?と考える方も多いでしょう。実際、事故現場などでフロントがぐしゃりと潰れた車を見たことがある方もいらっしゃると思います。
クラッシュ性能という言葉を聞いたことはないでしょうか。潰れやすい、ということは壊れ潰れることによってそこがクッションとなり、衝撃が吸収されるという事です。それをクラッシュ性能と言い、衝突の際などにフロントなどをあえて潰れやすくすることで被害対象へのダメージを減らしているのです。その分、車体フレームなど命に関わる部分の強度は上がっています。エアバッグなどの衝撃吸収装置も性能が上がってきました。
しかし、どんなにダメージを吸収してもシートベルトをしていなければ意味がありません。事故の瞬間はどんなに力を入れたとしても、体が投げ出される、車外に飛び出すなど思った以上の負荷がかかるのです。特にエアバッグは、シートベルトをしていないと本体射出のショックでさらに重篤な怪我をしてしまう恐れもあります。
事故を最小被害に食い止めるためにも、きちんと正しくシートベルトを着用しましょう。

コメントは受け付けていません。