シートベルトをしていればドアが開いても車外に放り出されない

交通事故は非常に恐ろしい事です。このような事はみなさんもご存知の事でしょうが、もしかしたら自分にはあまり縁の無い話のように思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今まで何十年も長く運転されている方で、一度も交通事故に遭われたことのないドライバーさんもいらっしゃることでしょう。しかし、それは明日の事を保障している訳ではありません。もしかしたら明日には交通事故に巻き込まれてしまうかも知れない、そのような可能性は誰しも持っている事となります。車のハンドルを握る際には、今まで大丈夫だったからというような過信は絶対に禁物となります。常に交通事故を起こさない、交通事故に巻き込まれないように心がけながら運転をしていかなければなりません。
その基本的な考えとなる事は、シートベルトの着用となります。このような事をしなければならないことはルールとしても決められていますし、またみなさんも大切な事であることはご承知の事でしょう。しかし現実には着用されていなかった為に、衝突の際にドライバー自身、或いは同乗者が車外放出されて死亡するケースがあります。
このような車からの投げ出し事故を防ぐためにもシートベルトの着用を確実に行って下さい。

コメントは受け付けていません。