シートを調節して運転姿勢を正しく!

安全運転をするのに大切な事としては、どんなことがあるでしょうか。
まずはどんな姿勢で運転しているかを考えてみるようにしましょう。
もしかすると、きちんと座らずに運転しているということはないでしょうか。
例えば、おしりをしっかりと背もたれ部分につけずに浅く腰掛けた状態で運転をしているとなると、姿勢がとても悪い状態になります。
そういった姿勢で運転をしてしまうと、前がよく見えない状態になりますので、とても危険です。
ですので、きちんとした運転姿勢を保って運転をするようにしましょう。
シートに腰を掛ける時には、しっかりと深く腰を掛けるようにします。
そうすることによって、前もしっかり見えるようになりますし、疲れにくくなるのです。
そこで、シートを自分の足の長さに合うように調節をしておくようにしましょう。
その時にハンドルを握った時にどうなっているかも確認しておかなくてはなりません。
ハンドルを握った時にあまりにも遠いようであったり、近すぎるようでは運転がしづらくなってしまいます。
ですので、運転がしやすい位置にくるように調整をする必要があるのです。
正しい姿勢で運転することは、安全運転への第一歩ですので、気を付けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。